読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅっと日記

三十路たぬきのつぶやき場。今のところ妊活多め。

初めての婦人科検診

本日初めて婦人科検診に行ってきました。

今まで子宮頸がん検診や新婚旅行のために生理日を移動させるためくらいしか婦人科には行ったことが無かったのですが、妊娠するための第一歩として行こうと決めリセットを確認したと同時に予約を取っていました。

本当は徒歩圏内にクリニックはあるのですが、予約が全く取れないのとがん検診に行った時の対応が塩過ぎて合わないなぁと思い、電車で数駅先の今年できたばかりのクリニックにしました(´-ω-`)

 

受付を済ませると予想していたよりも早く問診に呼ばれました。一応問診票の際に不妊相談に丸をしていたのですぐにその話題に。最終生理日や今までの妊娠の有無を聞かれ、まずはエコーで子宮を見てみましょうと言うことになり、婦人科と言えば!の椅子に座って診てもらいました。

子宮を見た医師が開口一番に「あー…」と少し不穏な空気を醸し出し、ドキリとする私。え、子宮頸がんの時は何も言われなかったんですけど?!とビビる。

「子宮が後ろに倒れてますねぇ」

(゚Д゚)?!

え、は?後ろ??と軽くパニックになりながら進められる検査。そのままエコーが別の画面に切り替わり、さらに衝撃な言葉が。

「あと右の卵巣が2センチくらいチョコレート嚢胞になってますね」

(゚Д゚)?!?!?

何となく聞いたことのある単語にさらにビビる私。エコー画面でこのくらいありますねと説明してもらうも足おっぴろげたまま呆然とすることしかできない。

ここで検査が終わり、再び問診へ。

エコー検査の結果、私は子宮が後傾後屈で子宮内膜症の疑いがある(生理重いでしょ?と聞かれて大きく頷く)。そして右の卵巣にチョコレート嚢胞がわかりました。少しパニくってて話を全部は覚えていないのですが、子宮内膜症になった場合は普通の不妊症とは真逆のことをしなくてはならないと言われました。

不妊症の言葉に息が詰まったのを覚えています。もしかしてもしかしてと思っていたけれど、やっぱり私は人より妊娠するのが大変な身体なのかもしれない。

今回の検査だけでは子宮内膜症か確認できないので、この後血液検査のための採血をして今日の検診は終わりました。

 

いやー…思った以上にダメージがデカかったです。

まだ確定じゃないとは言え、子宮内膜症の症状を見ると見事に全部当てはまっててorz特に生理関係はどれもドンピシャで、もうちょっと早く婦人科行っておけば良かったなぁと思いました。今回の生理なんて1日ずっとレバーのような塊しか出てこない日があってヤバいなぁとは思っていたのです…子宮内膜症あややこと松浦亜弥さんや大黒摩季さんなど芸能人も数多くかかっている病気であることからその存在は知っており、未知なるものと言う感覚はありません。でもやっぱり色々調べては一喜一憂しています。今は何でもネットで調べられちゃうから怖いね。血液検査の結果は2週間後。どうなることやら。結果によっては今後のことを色々と考えなければなりませんね。

とりあえずテンションが落ちないよう延々と戦隊OPメドレー流してます。助けてよヒーロー。